2016年3月 8日 (火)

ノルウェーが低炭素へ

今日(3/8)の日本経済新聞には、欧州では産油国としてロシアに次いで第2位のノルウェーで、企業が低炭素社会に向けて取り組んでいることが紹介されていました。なんとノルウェーでは電気自動車(EV)が自動車の2割を占め、石油最大手の企業、スタトイルが洋上風力発電を拡大しているそうです。同社はこれまで洋上風力に数百億円を投資し、総出力は10万キロワット超。2017年末にはスコットランド沖で約270億円を投じて浮体式の風力発電を建設し、約2万世帯の電力をまかなう予定だそうです。また日本においては、日立造船と事業化を探るため、福島県沖で実証が始まったそうです。

「パリ協定」を受け、世界にその商機が広がる可能性がある、とこの記事は伝えています。実際、フォルクスワーゲンはEV「eゴルフ」が日産の「リーフ」を抜いてEV販売の首位に立ち、関係者から驚きの声があがっているとか。今後も低炭素なライフスタイルが普及していくことを期待したいと思いました。

280305shin

画像は、先日博多駅で写した新幹線です。自然エネルギーで運転されるようになったらいいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月 4日 (金)

野菜や果物の価格変動

昨日の日経新聞は、2015年の東京都中央卸売市場の果物の平均卸値が過去最高、野菜が史上3番目の高値だったことを伝えていました。新聞によれば、天候不順により“あるべきものがあるべきときに出てこない”ことがその大きな原因となっているそうです。

例えば、比較的暖かい日のあった今年の冬は、野菜が多く出回ったようで安値となったようですが、今は高値になっています。また菜の花が1月に出荷されているそうで、旬がずれていることも“変動”を激しくしている要因のようです。変動が激しいと、「小売価格に市場の需給バランスを反映しきれない」と流通の現場も大変のようでした。

国産の野菜だけでなく、アメリカ(カリフォルニア州の柑橘類)、中国(タマネギ)など、異常気象のために対日輸出がふるわないようです。

気候変動の影響が日常生活において感じられるようになってきた、ということでしょうか。食糧がどの人にも行きわたってほしい、と思ってしまいます。私達の日頃の心がけが益々大切になってくるように感じました。画像は、先日、長崎の総本山で写したものです。

280301yukiya

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 2日 (水)

子育て貧困世帯率が増えている

今日の日本経済新聞は、子育て貧困世帯率が増えていることを伝えています。山形大学の戸室准教授の研究によると、18歳未満の子供のいる子育て世帯のうち、生活保護費の基準となる最低生活費以下の収入で暮らす割合が2012年で13.8%にのぼることがわかったそうで、1992年の5.4%と比較すると20年間で約2.5倍になっている、ということでした。

都道府県別に状況を明らかにしており、沖縄県が37.5%と最も高くなっています。そして、大阪21.8%、鹿児島20.6%、福岡19.9%、北海道19.7%と続きます。“一部地域だけの問題から全国規模の問題に深刻化している”という分析も紹介されており、自治体の施策に役立ててほしい、とありました。数字が大きい地域は5世帯に1世帯の割合です。とても驚きました。

280301tsubaki

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年2月23日 (火)

黒鉛を使う

昨日、地元で開催されている「夜の図工のじかん」に参加しました。今回は、鉛筆の芯の材料になる黒鉛を使いました。

280222koku

黒鉛とのりと水をまぜて練りました。黒いのに、キラキラ輝いてきれいだな、と思いました。

280222koku2

これを絵の具のように使って、木を描きました。太い幹から描いて、だんだん細い枝をかきたして行きます。

280222koku3

3~4枚、描きましたが私の絵はだいたいこのような感じになりました。

今回、10名くらいの方が参加されましたが、10人10色で、“あぁ、こういう描き方もあるなぁ~” と感心してしまいました。楽しい時間となりました。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月21日 (日)

梅が咲く

昨日は、東京・調布へ行ってきました。白梅が咲いていました。

280220ume

280220ume2

散策しながら、このように写していると、“あれ? 誰か、香水をつけた人が通ったのかな?” と思い、足をとめてしまいました。誰もいないので、花に近づいてみると、いい香りです。なんて素晴らしいんでしょう、と褒めてしまいました。

280220ume3

足元に、端正な姿で咲いていたので、写しました。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月19日 (金)

風力発電が加速

日本の風力発電が現在の3倍(原子力発電設備10基分)に増える見通しである、と今日の日経新聞が伝えていました。国内首位のユーラスエナジーホールディングスと、2位のJパワーが、それぞれ2020年までに600億円規模の投資に踏み切るそうです。太陽光発電よりも稼働率が高く、効率的に電気を得られるそうで、再生可能エネルギーの新たな柱になる、と新聞は伝えていました。海上でも発電でき、地熱のような立地の制約がないなど、良い点もあるそうです。

再生可能エネルギーが益々増えることを期待したいと思いました。

280219asa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月10日 (水)

咲いたクリスマスローズ

雪が積もり

屋根の雪も落下して

つぼみをつけたクリスマスローズはどうなっているかと

心配はしてみたものの

雪が溶けるまではわからないまま

窓からふと目をやると

倒れたままこちらを向いて咲いている

私もかがんで、きれいね、と喜びました

280209rosse

280209rosse2



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月 8日 (月)

健康な女性の卵子凍結

2月3日の日本経済新聞に、「健康女子 凍結卵子で出産」という記事が載っていました。独身女性(当時)が41歳の時に卵子を凍結保存し、結婚後、その卵子を使って体外受精を行い、44歳で出産したという内容でした。記事によれば、“仕事など社会的な理由で卵子を凍結して妊娠と出産をした”国内初の事例だろうということです。

これを実施したのは、大阪のクリニックで、女性は総額数百万円をかけて採卵をしたようです。同クリニックでは、10年から健康な女性の卵子凍結をしているそうでう、昨年末までに229人の卵子を凍結保存し、17人が体外受精を試みましたが、今回の女性だけが出産に至っている、ということでした。

医療関係者の間では、晩婚化による出産の先送りが懸念される、あるいは仕事との両立支援にはこのような対応が必要、といった賛否両論があるようです。私は、凍結された卵子が例えば100年後に使われてしまう、とか、高齢化してから代理母によって子どもが生まれるとか、通常では考えられないようなケースへの対応をどうするのか、心配になりました。

画像は、昨日写したものです。17時でもまだ明るいので、驚きました。

280207goji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 5日 (金)

笑う人ほど健康

昨日(2/4)の日経新聞に、「『笑わない』体調不良1.5倍」という記事がありました。普段ほとんど笑わないお年寄りが“自身の健康状態が良くない”と感じる割合は、毎日よく笑うお年寄りに比べて1.5倍以上高いことが、東京大や千葉大などの研究グループの調査で分かったそうです。さらに、この記事では、健康状態の自己評価が低い人の、寝たきりになる割合や死亡率が高いことも紹介しており、これにより、あまり笑わない人(すなわち、自分の健康状態が良くないと悪く(低く)自己評価する人)が寝たきりになったりする傾向がある、と関連づけられるということになります。

今回の調査をされた東大大学院の近藤尚己准教授(公衆衛生学)は、“研究結果は「よく笑う人ほど健康である」という可能性を示している”として、お年寄りは健康のために日頃からよく笑うことを心がけてほしい、と述べていらっしゃいました。今後、益々、笑いが注目されそうだ、と思ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 3日 (水)

ここにつららが

オフィスのウッドデッキを写しました。

280203dekki1

雪の降ったあと、屋根からしずくが落ちてきて、そのまま固く凍ります。

きれいだなと思いながら写していると、

280203dekki2_2

なんと、デッキ下の方につららが伸びていました。

280203dekki3

寒いですが、ステキですね。(そう、思いました。)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

«地熱発電のための補助金制度